不動産投資を成功させるため方法とは【情報収集を怠らない】

記事リスト

民泊は新しい不動産投資術

部屋

施設運営はプロにお任せ

近年、不動産投資の新しいスタイルとして注目されているのが、民泊投資です。民泊とはホテルや旅館などの宿泊専用施設以外に観光客等を泊めることで、2014年にairbnbがわが国に進出したことで注目を集めるようになりました。その後、2017年6月に通称民泊新法と呼ばれる法律が成立したことで、法的な基盤も整うようになりました。airbnbは旅行者と民泊施設を保有するオーナーとのマッチングを行うウェブサービスです。アパートやマンション等をairbnbに登録しておくことで、利用希望者を募ることができます。つまり受付窓口を代行してくれるような形になるわけです。実際の施設運営についても、専門家に代行することが可能です。民泊代行業者の数は年々増加しており、予約の受付から利用料の授受、施設の清掃やメンテナンスに至るまで、すべて代行してもらえます。代行業者への委託形態にはさまざまなバリエーションがあるため、必要な準備もまた千差万別です。最もスタンダードなのは自分で物件を用意して運営のみを委託するスタイルですが、これから物件を探すというタイミングで業者にアプローチすることも可能です。代行業者の中にはコンサルティング業務を提供しているところもあるので、場所の選定やリフォーム、資金計画に至るまで相談に乗ってもらえます。また、airbnbには膨大な数の物件が掲載されているため、利用者の目に留まりやすくするにはそれなりの工夫が必要です。業者の中には、画像のチョイスや広告文の作成など、物件情報を目立たせるためのアドバイスを行っているところもあります。

Copyright© 2018 不動産投資を成功させるため方法とは【情報収集を怠らない】 All Rights Reserved.