不動産投資を成功させるため方法とは【情報収集を怠らない】

記事リスト

海外の不動産への投資

紙幣

投資の種類と特徴

海外不動産投資は大きく4つの投資タイプに分類されます。まず一つ目は海外不動産への現物投資です。現物投資とは不動産の所有権そのものを購入するもので、海外不動産投資の中では主流の投資タイプです。現物投資の特徴は、不動産のメンテナンスやテナント募集を投資家自ら行う必要がある一方、不動産から挙がる収益を基本的に全て収受する事が出来ます。他方、不動産の所有権の売買は相対取引のため、売買に時間を要するという特徴もあります。二つ目の方法は不動産投資信託(REIT)への投資です。不動産投資信託は不動産関連資産に投資を行っている投資信託です。不動産投資信託は上場されており、その持分はいつでも売買が可能なため、現物不動産投資に比べると流動性(換金性)に高いという特徴があります。その一方で、不動産投資信託の持分価格は日々変動し、また株式市場等の値動きにも左右されるため、価格変動リスクが現物不動産に比べると高いという特徴があります。三つ目の海外不動産投資タイプは不動産貸付です。不動産を所有している第三者に、当該不動産を担保として金銭を貸し付けるものです。借入人から決まった利息を受け取る事ができるため、安定したリターンが得られるという利点がある一方で、不動産価格が上昇してもその恩典を受ける事は出来ません。海外不動産投資の最後の投資タイプは、不動産ファンドへの投資です。不動産運用の専門家に運用を委託するもので、投資家に不動産の運用経験が無くても安心して投資できるという点が魅力です。

Copyright© 2018 不動産投資を成功させるため方法とは【情報収集を怠らない】 All Rights Reserved.